記念切手

見返り美人|切手の買取価格相場はいくらになる?

切手を知らない人でも誰もが一度は聞いたことがある「見返り美人切手」ですが、現在でも高値で取引されています。

今回は、見返り美人切手の標準的な買取相場と高く売る方法について紹介します。

見返り美人の切手買取相場

どこで売るかにもよりますが、単片のバラ切手でも1枚2500円、5枚連続のシートだと20,000円近い値段で売買されています。

  • バラ切手 2,500円
  • 5枚連シート 20,000円

見返り美人切手は希少価値がある

「見返り美人」は1948年11月29日に発行されたのですが、なぜこの切手だけ今現在でも高値で取引されいるのかというと主に3つの理由があります。

  1. デザインの観賞価値がある
  2. 発行枚数が比較的少ない
  3. 記念切手の王道

まず、デザインの観賞価値についてですが、切手「見返り美人」は菱川師宣の浮世絵「見返り美人図」が元になっており、美術作品として高い評価がされています。

次に発行枚数が150万枚と比較的少ないため希少価値が付いています。

これは見返り美人切手に限らず切手全般に言えることですが、流通量が少なく欲しい人がいれば当然値段は高くなります。

例えば、1949年5.5発行「犬山こども博覧会記念」の小型シートは10万枚しか発行されていないため今も高値で買取されています。

そして記念切手の王道という点も現在でも高値で取引されている理由の1つです。

1948円11月29日発行「見返り美人」は切手趣味週間初のオリジナル記念切手です。

よく第1回の切手趣味週間の切手だと思われていますが、実は違います。

前年1947年葛飾北斎「山下白雨の富士」が第1回切手趣味週間の切手なのですが、これは切手趣味週間のために作られたオリジナル切手ではなく普通切手(第1次新昭和1円切手)を5枚に綴り小型シート風にしたものでした。

それに対し、「見返り美人」はオリジナルとして作られた記念切手であるため高く評価され続けているのです。

令和になって価値があがる?

見返り美人が発行されたのは昭和23年(1948年)です。

平成、令和ともう70年以上経ちますが、変わらず買取価格は高値状態です。

確かに昭和40年代の切手ブーム時と比較すれば切手を使用する場面も減り、コレクター数も年々減少していますが、それでも額面割れする切手が多い中バラでも2000円以上、シートで1万円を超える切手は数少ないです。

そのため改元によって例えば古銭分野でも天皇陛下御即位記念硬貨が額面を超える高値で買取されているように令和になっても「見返り美人」の価値は安定し続けると予想できます。

見返り美人切手を高く売るには?

では、見返り美人切手が高く売れる条件などについてですが、

これも切手全般に言えますが、「状態がきれいであること」が基本です。

明治や大正など戦前の銭切手や普通切手の場合は消印が押されていても高値で取引されることもありますが、やはり基本は破れたり、シミなどがない状態の切手の方が評価が高いです。

以下は保存状態の評価基準です。

汚れ、折り目、しわ、破れ、シミ、ヤケ、湿気による劣化度合い、ヒンジ跡の有無、裏糊の有無

これらの評価基準プラス、希少性や需要などが加わり総合的な判断によって値段が決まることが多いです。

見返り美人切手の概要

図柄:  菱川師宣「見返り美人図」

発行年: 1948年11月29日

シリーズ: 切手趣味週間

発行枚数: 150万枚

発行形態: 5枚シート

現在、見返り美人は単片(バラ)でも取引されていますが、元々は5枚シートで発行されています。なので5枚シートの新品未使用の美しい状態のものは今も高値の買取対象になっています。

復刻版!見返り美人切手の買取相場

もし、持っている切手がカラフルなカラー印刷された「見返り美人」ならそれは1948年の復刻版の切手です。

こちらは1991年(平成3年)4月19日発行で10枚シート、山川秀峰「序の舞」とセットの小型シートと横4枚ガッターつきが発売されました。

1991年見返り美人は5500万枚、小型シートも500万枚と発行枚数も1948年発行の「見返り美人」とは発行枚数も多く、新しい切手のため買取価格は額面以下になってしまいます。

見返り美人郵便切手の歩みシリーズ第6集の買取相場

さらに見返り美人は1996年郵便切手の歩みシリーズとして発行されています。

こちらは切手趣味週間シリーズとして「見返り美人」と並ぶ人気のある「月に雁」が図柄に選ばれそれぞれ微妙に色が異なっています。

単片バラ切手の額面は80円のため80円より高値で買取されることはなく、むしろ額面割れによって安く買取されてしまいます。

まとめ

見返り美人切手は1948年、1991年、1996年と図柄は菱川師宣の「見返り美人図」が元になっていますが、発行枚数による希少価値や需要によって買取価格は大きく違います。

切手買取業界で高値で取引されているのは1948年11月29日に発行された切手趣味週間シリーズの「見返り美人」のみです。単片バラ切手だけでも価値がありますが、5枚シートならさらに買取価格は上がります。

状態がきれいであればあるほど高く買い取ってもらえるため、劣化しないうちに売るのがベストタイミングです。