買取

切手を売るならバイセル!メルカリ!ヤフオク!どこが高く売れる?

切手を売る選択として「バイセル」「メルカリ」「ヤフオク」など買取業者やフリマ、オークションなどいくつかあります。

今回はそれぞれどのようなメリットがあり、また切手はどこが一番高く売れる可能性が高いのか?紹介したいと思います。

  • バイセルで切手を売る
  • メルカリで切手を売る
  • ヤフオクで切手を売る

バイセルで切手を売る

まず切手買取業者であるバイセルにて切手を売る方法ですが、メリットとして出張買取であれば自宅に居ながらにしてプロに査定をしてもらい、査定金額に納得したらその場で現金に換えてもらうことができます。簡単に換金してもらえる方法としては一番です。

ただし、バイセルでは1枚1枚切手の種類によって査定額が変わるわけではなくバラ切手やシート切手のだいたいの相場が決まっており、専門店やオークションで売るよりも低価になってしまうことがあります。

メルカリで切手を売る

古着や食器、マンガなどなど個人間売買アプリで最も人気で幅広く利用されているのがメルカリです。

ご存知のようにメルカリはスマホで写メを撮ったら即出品できるしくみになっており、また匿名配送など個人情報を明かさなくても売買できる手軽さがあります。

しかし、メリカリは値下げを要求することも可能であり全般的に安く買いたいと考えている層が多いです。

なので不用品といっても切手のような収集家の間では高値で取引されているものは出品が少なく買取の場としてはおすすめしません。

一番高く売れる可能性が高いのはヤフオク

単純に一番高く切手が売れる可能性が高いのはヤフオクです。ヤフオクに集まるユーザーは基本的に欲しいものであればお金を出してもよい層です。

もちろんいくらまで出せるかは個人の熱量によって変わってきますが、中国切手である「赤猿」切手シートに10万円近く出しているケースもあります。

またヤフオクの良いところはその時々によって価値が変動することです。

例えば、たまたま同じ商品が複数出品されている時と1枚しか出品されていないときとでは値段に大きく開きがでます。

ただし、ヤフオクで注意しなければならないことが1つだけあります。

ヤフオクで高く売るには運も必要

ヤフオクはオークション形式による個人間売買の場です。

そのためタイミングによって高く売れることもありますが、希望落札価格よりも低い価格になってしまうこともあります。

なので出品者によっては落札者がいたとしても途中で出品を中止し取り下げるケースもありますが、信頼度が失われるためこのような方法を取ることはお勧めしません。

自分が思っていた以上に高値で売れることもありますが、赤字になることもあり運的要素が強いです。

であれば最初から高値で出品すればいいのでは?と思われるかもしれませんが、それだと売れないことが多いです。

落札者としては1円でも安く落札したいと考えており、またオークションは値段が上がっていく仕組みなのでできれば最初は安い値段で出品した方が多く入札されます。

確実に売りたいのであればバイセルとメルカリ

とにかく切手を売ってお金に換えたいのであれば切手買取業者のバイセルかメリカリなどを利用しましょう。

高値は付きませんが納得できる価格で買い取ってもらうことは可能です。

納得できなければ売らなければいいだけなので、無理して売る必要はありません。

切手に限らず買取全般にいえることですが、ブランド品のバッグの買取を想像してもらうとわかりますが、基本的に中古品は定価よりも安い価格で買取されます。

もちろん中には希少性があり定価以上で売却できるケースもありますが全体の割合からすると極少数です。

金額にこだわるか、妥協して即金性を取るかです。

切手買取の場合ほとんどの人が自分の趣味で収集しているわけではなく家族や友人などから譲り受け、処分したいと考えているのではないでしょうか。

切手は経年劣化による変色などによって価値が下がっていきます。新品に近い状態にものほど高く売れるため売るタイミングはいつか?と問われれば、できるだけ早く売るのが正解です。

もし、今売ろうかなと考えているのであればきれいなうちに査定に出して価格を確認してみて下さい。